bon-blog

Home > 記事一覧

干支のへび ワックスその3


ガラ携とよばれる電話から、スマホとよばれる電話にかえて、
いろいろ夢中になっていましたが、
小さいものの写真は、接写ができるいままでのデジカメのが良い、
という結論に至りました。



蜜蝋+松脂(5:5)ワックスは手で持っていても、
温まって、ぬるっとしてしまうので細かい作業(うろこもよう)は
銀になってからにしようと思います。





今日はキャストに出しました。
これで十二支すべてのワックスが終了。すごくホッ、としました。

干支のへび ワックスその2



さきほど午前中にのばした自作ワックスをヘビの形にしました。



松脂だからか、ちょっとべたべたします。
蜜蝋のせいか、たまに甘い香りがするような。

干支のへび ワックスその1

たつが吹き上がってくる間に、へびに取り掛かろうということで、
昨日より考えていた、蜜蝋+松脂で自作ワックスをつくってみることにしました。

へびは長いので、いままで使っているハードワックスだと、
面倒くさいかな?と思い、材料もあることだし、分量を検索して5:5でとりあえず作ってみました。



二つの材料を鍋で煮溶かし、混ぜ合わせて、アルミに流し込み、まるでお菓子だな、とひとりでほくそえんでいました。



それをお湯で温めながら手でのばしたところ、ミミズのような感じになりました。



大学卒業前(20数年前)の最後の課題が蜜蝋+松脂によるロストワックス技法による、指輪制作だったはず。その当時の一つが出てきました。指の関節につける指輪(未完成)です。
なつかしいなあ。



約10年前の残骸。

蜜蝋+松脂ワックスを自作する、念願かないました。

干支のたつ ワックスその6



いざ、送ろう、これでおしまい。と思ってみたら、
そうだ、マルカンしっぽと後頭部のあいだにつけるつもりだけど、
ほんとにつくかな?というわけで手直ししました。



で、右手もよく見たらほそっこいような感じだし、
指もなんだか物足りなくて、手直ししました。

もう、これでキャスト屋さんに送ってしまいました。
あとは、銀の体になってから。
皮膚の感じはうろこじゃなくて、ぶつぶつに荒そうと思います。

ワックスが黒いのは、アルコールランプのすすが入ってしまいました。

干支のたつ ワックスその5




 背中からしっぽにかけてのひれをギザギザにしました。



 こんな感じで、キャストしてみようと思います。

プロフィール

HN:
渡辺製作所

ブログ内検索

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
1 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最古記事

バーコード