bon-blog

Home > 雑記 > 武州正藍染

武州正藍染

埼玉の羽生に、武州正藍染の会社があるのをNHKで取り上げていた。

 フランスの洋服会社がそこの生地を使って、パンツスカート(?)やワンピースを製作した写真をみたが、とても好みだった。

 武州正藍染は糸の段階で染めるので、糸一本一本に染めムラができる。それを織り上げた時に独特の縞模様になり、使い込むほどに味が出てくる。

 そう、そういうものがまさに、私が好きなものだった。日本独特とおもっていた、使い込むごとに味がでる、っていうのは、他の国の伝統でもあるもののようだ。日本で忘れられようとしている良さや味を、ほかの国の人が見つけてくれる。

 また、それをとだえさせまいとする、人々の熱意が、人を引き付けるのかもしれない。
 そのものの魅力が、人々を引き付けているだろう。

 あー自分も、そういう、武州正藍染とか、今日見たフランス人の作った服に合う、シンプルでかっこいいアクセサリーを作りたいです。
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
Bon bon

ブログ内検索

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最古記事

バーコード